一度の食事で5万円という高額なお金を手渡されていました。
ディナーを一緒にして私の夢を聞いてもらったりするだけ、たったそれだけなのに5万円の収入はさすがに驚くばかりでした。
愛人が欲しいと思って募集を開始して、知り合った飲食店経営の方との食事会は週に1回は行われていたのです。
6回目の待ち合わせの時だったのですが、いつになく真面目な表情をしていました。
それまでにもらったお金は20万円以上、ただこれではお店を開業することはできません。
何らかのリアクションはないのか?と期待をしていたところ、突然言われてしまったのです。
「ダーツバーの件なんだけど、後押ししてあげようと思う」
突然のこの発言に、私の頭の中はしびれてしまいました。
後押しと言うのは…もしかして…サポートかな…。
呆然としている私に向かって「責任を持って、お金の肩代わりしよう」と笑顔を見せてくれたのです。
その瞬間に、やっと実感が湧いてきて喜びが足元から湧き上がってくる感じでした。
腰を椅子から浮かせてしまってて、「ありがとうごさいます」と言ってしまっていました。
「まあ落ち着いて、食事をしながらこれからの事でも話してみよう」
とてもやわらかな口調で言ってくれて、実感がひしひしと伝わってくる感じでした。
その日、お店を開業するためのお話を食事をしながらたっぷりすることができました。

 

 私にも貢ぐ男の人を探し出すことができました。
同僚が使った出会い系サイトを同時利用し、絶え間なく募集を続けていた結果です。
お金をもらう立場になれて、人生が明るく晴れ渡ったような気分まで味わってしまったのでした。
まずは居抜き物件からお店を始めようなんて、愛人の人とお話をしている最中です。
さすが経営の先輩ですから、たくさんのアドバイスを受けられています。
同僚の方といえば、そろそろお店がオープンするようでした。
連絡を取って、愛人を作れた話をしてお礼も伝えておきました。
出会い系を使って素晴らしいパトロンと出会い、私の夢を応援してくれるのです。
これから真剣に自分のお店と向き合っていくつもりです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト